福岡湯めぐりナビ温泉・銭湯の雑学集>そもそも温泉とは何か?温泉と銭湯の違いは何?
福岡湯めぐりナビ 福岡の温泉・銭湯を完全ガイド

福岡湯めぐりナビ

そもそも温泉とは何か?温泉と銭湯の違いは何?

私たちが利用する「温泉」とはそもそもどんなものなのでしょうか?たとえば、街のスーパー銭湯では「温泉」という表現は使っていないところが多いです。中には湧水(湧き水)を利用していますという施設もありますが、これも温泉ではないです。

なぜ、スーパー銭湯は「温泉」と呼べないのか?温泉の定義について紹介していきたいと思います。

福岡湯めぐりナビ

---

温泉の定義

温泉の泉質について紹介する前に、まずは温泉の定義を紹介します。

日本では「温泉法」という法律によって温泉の下定義が定められています。
下記の(1)または(2)を満たせば温泉です。

  1. 温泉源から採取されたときの温度が摂氏25度以上
  2. 下記に定める物質が1kg中に基準量以上含まれている場合

です。とりあえず25度以上なら温泉となのってよいです。25度未満の場合は物質が一定以上あれば温泉という事になるわけです。以下環境省のHPより引用。

たとえば、福岡の温泉だと「船小屋温泉」は温度は摂氏19度なので温泉ではありません。一方で鉄イオンは1㎏あたり26.4mgも含まれ、基準値を超えているため「温泉」となるわけです。

一方で実質的にはただのお湯であったとしても温度が25度以上であれば「温泉」となるわけです。

物質名 含有量(1kg中)
溶存物質(ガス性のものを除く。) 総量1,000mg以上
遊離炭酸(CO2)(遊離二酸化炭素) 250mg以上
リチウムイオン(Li+) 1mg以上
ストロンチウムイオン(Sr2+) 10mg以上
バリウムイオン(Ba2+) 5mg以上
フェロ又はフェリイオン(Fe2+,Fe3+)(総鉄イオン) 10mg以上
第一マンガンイオン(Mn2+)(マンガン(Ⅱ)イオン) 10mg以上
水素イオン(H+) 1mg以上
臭素イオン(Br-)(臭化物イオン) 5mg以上
沃素イオン(I-)(ヨウ化物イオン) 1mg以上
ふっ素イオン(F-)(フッ化物イオン) 2mg以上
ヒドロひ酸イオン(HASO42-)(ヒ酸水素イオン) 1.3mg以上
メタ亜ひ酸(HASO2) 1mg以上
総硫黄(S) [HS-+S2O32-+H2Sに対応するもの] 1mg以上
メタほう酸(HBO2) 5mg以上
メタけい酸(H2SiO3) 50mg以上
重炭酸そうだ(NaHCO3)(炭酸水素ナトリウム) 340mg以上
ラドン(Rn) 20(百億分の1キュリー単位)以上
ラジウム塩(Raとして) 1億分の1mg以上

 

冒頭でも書いたような、湧水を利用したお風呂です、という表現は地下水を使ってはいるけれども採取温度が25度未満であり、上記の物質も基準値未満であったというケースなわけです。

なお、こうした温泉に含まれる成分によって「泉質」と呼ばれるものが決まってきます。日本ではまたまた「温泉法」によって含有成分によって、10の泉質が法律によって定められています。

>>温泉の泉質とは何か?10種類の泉質ごとの特徴と効能

 

福岡の温泉・銭湯

福岡の人気の温泉を紹介するサイトです!